楽しくないブログ

ログ速のUIが新しくなって見た目がコピペブログっぽくなる

2chの過去ログは基本的に●を買わないと公式に見ることはできない。ただし2chの過去ログを自動で取得して公開しているサイトは数々あり、実質自由に見ることができる。その中でも最大手なのが「ログ速」だが、ログ速がこのたびサイトのデザインを変更しコピペブログっぽい見た目になった。

ログ速
http://www.logsoku.com/

ログ速を始めとする過去ログ取得サイトは、増える一方のスレの取得のためサーバの管理を必然的に迫られる。そのためマイクロアドなどの広告を貼り付けて運営費に充てている。最大手のログ速は一時期数千万の利益があるのではとまでささやかれた。2chの公式サービスの一つとして存在しているものだと勘違いしている人も多い。
しかしこのような過去ログ取得サイトは、グーグル八分に直面している。グーグルは検索結果を検閲しまくって質を高める方針なので、このような内容を完全にコピーしただけのサイトは意図的に検索順位を下げてくる傾向がある。昨年行われた検閲により、このようなコピーサイトは軒並み検索結果から除外され始めた。

Googleのアルゴリズム変更によるunkarへの影響
http://d.hatena.ne.jp/heiwaboke/20121103/1351952490

最近、Googleが質の悪いコンテンツを検索結果から除外するため、アルゴリズムの変更を行なっています。
7月から段階的に実施されたアルゴリズムの変更で、unkarのアクセス数は6月頃と比較すると4分の1以下になりました。

unkarは約90%程の人が外部の検索からアクセスしてくる、かなり検索に依存したサイトになっています。その中で、Google系の検索エンジンからのアクセスはさらに90%ほどあるため、Googleのちょっとした変更がアクセス数にすぐに影響してきます。
さらにunkarは、コンテンツのほぼ全てが2chからのコピーで成り立っているので、誰が見ても質の悪いコンテンツの塊、Googleとしては検索結果にあまり表示したくない部類のサイトになります。
今回のGoogleの変更は「高品質なサイトをよりよく評価する」変更のようで、言い換えれば、他のサイトからのコピーで成り立つようなクソサイトは評価をぐっと下げ、検索結果に表示させなくする変更になります。


コピーサイトは小規模なものを含めると結構な量が存在する。それぞれが細かい仕様で差別化を図ろうとするも、利用側からすれば一つか二つあれば問題ないのでお互い客の食い合いとなっているわけである。ログ速も最大手だからと言ってうつつを抜かすわけもいかず、細かい変更を何度も行い利用者を取り戻そうと躍起になっている。
今回の変更は明らかに「ライトユーザ」に対する処置だろう。今までログ速が2ch公式サービスだと勘違いする人が多かった理由は、その簡素なサイトデザインからであった。アフィブログのように大量の広告と画像、分かりやすいイメージ看板といったものは一切無く、シンプルな作りとなっていた。おかしな話だが、ライトユーザにとっては何故か「2ch系ブログ」は身近なものだが「2ch」は縁遠いものである。そのため、ログ速が半公式化することで、増える一方であるライトユーザから敬遠されてしまうのである。今回のログ速のUI変更は「脱2ch」を意識したものとなっている。 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nvmzaq.blog.fc2.com/tb.php/83-6abf30d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad