楽しくないブログ

Peercastやニコ生で乞食行為をするという厚顔無恥な配信者と盲目な信者たち

Peercastはニコニコ動画なんかより歴史が古く、当時から2chとは一線を画したコミュニティを形成していた場でもある。ニコ生なんかは思いっきりPeercastの発想をパクったものであり、結果的には低年齢層を取り込むことで本家を超えた存在になっている。
Peercastはそれほど広いコミュニティではないので広告収入はさほど見込めない。その上配信となると時間もかかるし、ブログに比べて集客性において非常に効率が悪い。そこで行われる行為が「乞食」である。
やはり乞食で有名な配信者が永井であり、何故か運良く信者がついたために未だにネット界隈で名前を見ることも多い。勘違いをしている人が非常に多いが、永井はPeercastの配信者では最古参という印象があるが、これは信者が流したねつ造であり、実際は流行り出してから始めている。永井に信者がついた理由としては「リアルタイム雑談配信」ということをいち早く始めたからであって、決して古くから実況の歴史を築き上げてきたからではない。それなのに信者は事実から目を背き、神様仏様永井様と念仏を唱えながら永井=創造の神のように扱うのだ。Peercast配信wikiにはその旨はしっかりと記載されているが、永井が古参であるというソースすら見ない馬鹿どもはそんなことを知る由もない。

今からPeercastでゲーム実況配信Wiki - 配信者情報/永井
http://www20.atwiki.jp/listenerspecajp/pages/331.html

「ピアキャス黎明期から黄金時代を支え続けた古参配信者」という嘘設定だけが一人歩きし、
数多くの狂信者と外部からの流入を誘った悪の根源。
「ピアキャスと言えば佐々木と永井」「ピアキャスが流行したのは永井のお陰」等と言うとんでもない文句もあちこちで見られ、ピアキャスがいかに公に知られていないかが伺える。


さて、この永井が行う乞食行為だが、その名の通り配信中にプレゼントや現金を要求する行為である。信者は完全に盲目なので、言われたとおりにお布施をして永井の私腹を肥やす。お前ら馬鹿どもが毛嫌いする新興宗教と全く同じ構造がここにあるのだ。プレゼントされたものは「開封配信」などと呼ばれるプレゼントを紹介する配信で開封されるため、狂信者たちはここぞとばかりに高いものを送ろうとする。どう見ても洗脳である。見ず知らずのDQNがプレゼントをもらったと喜ぶ放送を見て面白いのだろうか。信者には面白いらしい。もはや馬鹿は自分で判断する力もないようだ。

最近では2chのキチコテとして有名な金バエが、配信を通じて女リスナーを彼女にしたということもあった。そのほかにも現金を振り込まれたり、大量のプレゼントをもらったりと、もはやプレゼントする側の精神を疑う行為が横行している。完全に盲目状態の信者である。そんなのが日本に何千人もいるのかと思うと恐怖を覚えずにはいられない。
ただ、金バエの彼女は付き合って間もなく金バエに別れを告げたらしい。配信の時はあんなに盲目だったのにいざ付き合ったら、乞食行為をするような厚顔無恥な男の酷さに気付いたのだろう。信者が教祖のことを知りすぎた結果、洗脳が解けたのである。しかし洗脳が解けたとしても信者が振り込んだ金は返ってこないし、プレゼントしたものは返ってこないし、金バエとセックスしたという事実を消すこともできない。馬鹿が馬鹿に引っかかって色々なものを失ったのだ。実に馬鹿である。 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

YouTube派の俺にとってはど う で も い い こ と だ !

  • 2013/05/04(土) 20:04:54 |
  • URL |
  • #4dhHv4Nw
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nvmzaq.blog.fc2.com/tb.php/8-145b875b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad