楽しくないブログ

ネットが匿名だといつまでも思っているのか

LINEが嫌いな理由はなんとなくわかる。結局は新しいものへの拒絶反応だろう。
Twitterだって当初は叩かれたし、Facebookも実名は流行らないと言われたし、Blogも個人サイトのほうが自由度が高いと叩かれた。しかし今となってはやってないほうが異端と言えるかもしれない。

Googleが検索データなどから個人情報を抜いていることはあまりにも有名だが、それを叩く人は少ない。結局Googleは便利だから何をしても許されるのだ。別に個人情報が抜かれたところで、直接殺されるわけでもないし金を請求されるわけでもない。そういう「信条」からくる批判は利便性が上回るとすぐに廃れる。
LINEだって個人情報を悪徳業者に売るために個人情報を抜いているわけではない。利用者の動向を調べるため、いわばサーベイのためだ。
第一利用データを会社に送信する方式は、マイクロソフトがとっくにやっている。今更の話である。
こうやって個人情報がじわじわとネットに流出して、ネット匿名時代は終わりを迎える。いや、もう迎えている。
「個人情報流出」という単語は、あくまで不特定多数に流出した時に使うほうが正しい。
愛人に送ったエロメールはドコモ社員が腹を抱えて見ているし、DropBoxで共有したファイルはDropBox社員が保存しているし、mixiのやり取りはmixi社員が監視しているのだ。でも、これは個人情報流出とは言わない。 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nvmzaq.blog.fc2.com/tb.php/6-1cada842
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad