楽しくないブログ

「バカッター」で検索するとGoogleが自動で「Twitter」を拾ってくる

Googleで検索を行うと、検索対象の言葉がBold(太字)で表示される。ある程度は自動で同じ意味の単語を補完する機能があり「ねこ」で検索した場合はGoogle側が自動的に「ネコ」「猫」等のワードも検索対象に含み、同様に太字で表示される。
「バカッター」とはTwitterに生息する馬鹿を皮肉った言葉だが、Googleが自動的にバカッターとTwitterを同義語と判断して検索結果に混じる状態になっているようだ。
20130321.png

基本は「バカッター」のほうが順位が上だが、Twitterも太字表示されていることから同義語と捉えられていることがわかる。ちなみに「馬鹿発見器」で調べた場合はTwitterは太字表示されることは無い。 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nvmzaq.blog.fc2.com/tb.php/46-7a49b69d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad