楽しくないブログ

スマートフォン修理店「スマホバスター」が神戸大学学生に客のスマホの内部パーツを抜いているというデマを拡散される

スマートフォン修理店である「スマホバスター」が、客のスマートフォンの内部パーツを無断で抜かれているとツイッター上で告発された。しかし、この告発に対して、店側は一切の疑惑を否定して事実関係を調査する声明を発表した。

iPhoneをスマホ修理店に出したら3Dtouchが使用不可に→パーツを抜かれていた
http://archive.is/SUObn

@gogakuryunen
iPhone修理しに行ったら

店員さん「これ以前他店で修理しました?」
僕「はい、花時計前のスマホバスターで」
店員さん「あーですよね…
これ…大量に内部パーツ抜かれてます…」
僕「え?」
店員さん「内部のパーツが少なくても7個は抜かれてます」

ってわけでiPhone修理する人は気をつけてください

--

スマホバスター三宮店 @sumahobuster
スマホバスター
現在twwiterにて当店への誹謗中傷のツイートが多数ございますので当店からのご意見を述べさせていただきます
当店ではお預かりいただいた大事なiPhoneを丁寧に修理させていただいております。
おかげさまで毎日多くのお客様にご利用いただき、ご満足のお言葉をいただいております。

--

スマホバスター三宮店 @sumahobuster
スマホバスター
ネジなどをさしている場合、当店では予備のネジを大量に保有しておりますのでお客様のネジを盗るというようなことはございません。
お手数をおかけしますが、1度ご連絡をいただけないでしょうか。
受付いただいたお名前をお調べさせていただき
まずは状況の確認をさせていただきます

--

スマホバスター三宮店 @sumahobuster
事実確認を行った上で当店の過失であれば誠実に対応いたしますので、お手数おかけいたしますが受付いただいたお名前をお伝えいただいた上でお電話いただけないでしょうか。
尚、故意にネジを抜いたのであれば窃盗罪になりますので担当スタッフに対し然るべき対処を行います。 https://twitter.com/gogakuryunen/status/1019441999420637184


しかしその後、店と告発者の連絡はうまく行かなかったようで、最終的には告発者からの連絡が途絶える形となった。そもそも本件は「2017年9月」に発生した話と告発者は主張しているが、スマホバスター三宮店が開店したのはなんと「2017年11月」だったのだ。その事実を元に、修理当時の資料を要求すると、告発者側がツイッターのアカウントを削除、連絡もせず逃亡したという形である。店は大学までは特定しているが、連絡が取れずに困っていると発言しており、実際削除されたアカウントのプロフィールには「神戸大学工学部」であることが明記されていた。

スマートフォン修理店が風評被害に悲痛の叫び 客と連絡が付かず - ゴゴ通信
http://gogotsu.com/archives/42229

最後に連絡を取れたのは7月19日で、電話は繋がるが全く出てくれないという。それまではやり取りをしており、客は昨年9月にスマホバスター三宮店でiPhoneを修理したという。しかしその頃には三宮店はオープンしておらず、実際にオープンしたのは2017年11月。修理したときの資料の提示を求めるも返事が無く応じてくれず困っているという。

連絡が取れなくなる前までは、Twitterで拡散した本人に事実確認を取るため店舗に来るように依頼し、友人2人を同行し来店。本人と直接1度お会いし、店で修理をした、もしくは盗んだという証拠の提示の依頼、拡散した本人、スマホバスター、B店の責任者の3者で話し合いを行う約束を行った。しかし、これらを求めたところその後、連絡が取れなくなった。


詳細は上記サイトに纏められているが、本記事はスマホバスター三宮店からも「風評被害」と断言した形でツイッター上で紹介されている。

スマホバスター三宮店 - @sumahobuster
https://twitter.com/sumahobuster/status/1032799476002377728


また、本件の関係者である友人のツイッターは現在も削除されていないが、本件に関する発言のみ削除されている。削除前のツイート情報を見る限り、修理費を不正に取得しようと目論んでいたことが推測される。

ゆぅ♪ボート - @Yuboat
https://twitter.com/intent/user?user_id=3246156818

パーツ抜き取り疑惑のスマホバスター三宮店、被害者が「9月に修理した」と言い張るも開業は11月 - netgeek
http://netgeek.biz/archives/125398

▼告発した大学生の友人「修理代せびるのが目的」とある。いちゃもんをつけて儲けるつもりだった?


このような行為は明確に詐欺罪であり、友人も本件に加担していたような発言をしていることからも同罪となり得る。店側としては穏便に解決したいと主張しており実際に逮捕されるようなことは無いだろうが、ここまでの状況証拠が残っている以上、この友人に対して近い内に警察から事情聴取依頼を受ける可能性が高い。また、ゴゴ通信やnetgeekといった複数のメディアが本件を取り上げたことも当時の炎上の反響が大きかったことの証明である。

ネット上に限らず炎上は、何が真実かよりも何がセンセーショナルかが優先される。ネットの場合匿名性も強くなるためより一層炎上に対する善意も悪意も無い「イナゴ気質」による目的無き叩きが横行する。イナゴには食欲しか無いので、そこに信念は無く、当然何が真実かなどはどうでも良いのだ。今回の件は明らかに店側が最初から状況証拠も含め否定しているにもかかわらず、店側の潔白が証明されるまでにこれだけの時間を有した。そして、「パーツを抜かれた」という記事の拡散に比べ、今回の「店側は被害者だった」という記事の拡散力は目に見えて弱い。だからこそ、事象に対してソースを確認することが必要であり、ソース無く状況が面白いからという理由だけで吊し上げのような行動を取ることは言うまでもなく、思考力の低い愚かな者の行動と言える。 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nvmzaq.blog.fc2.com/tb.php/416-59e5b505
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad