楽しくないブログ

JASRACが放流厨2名を告訴して逮捕間近

JASRACが著作権法違反として違法アップロードをしている2名を告訴した。

JASRAC、CabosやLimeWireでアニメ主題歌などを無断配信した2名を告訴
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130315-00000054-mycomj-sci

一般社団法人 日本音楽著作権協会(JASRAC)は3月14日、ファイル共有ソフト「LimeWire」を使用してインターネット上に音楽ファイルなどを公開していた和歌山県の女性(29歳)に対して、同日、和歌山県警察本部生活安全部生活環境課に告訴状を提出したことを発表した。

また、3月7日に、ファイル共有ソフト「Cabos」を使用してインターネット上に音楽ファイルなど公開していた鹿児島県の男性(38歳)に対しても、鹿児島県警察本部サイバー犯罪対策室に告訴状を提出したことをあわせて発表している。


日本は世界一著作権にうるさい国だが、著作権法は親告罪であり、著作権者が訴えない限り罪とはならない。JASRACは著作者から著作権を信託しているのでこういった訴えはJASRACが起こすことができる。まさに他人の製作物を食い物にする完全なる邪悪なことは間違いないが、無くなったら困る団体でもある。
警察としては著作権法は親告罪なので、こういった訴えを起こしてもらわない限り動くことはできない。今回のケースは警察とJASRACが裏で結託して訴えを起こしていることは間違いない。警察としては違法DLの現状は何とかしたいと思っているが、自分から動くことはできない。そこで間接的に自分が動けるよう団体に働き掛けるのである。この二人は近いうちに逮捕されるだろう。訴えを起こす時点で警察はこいつらの身元はバッチリ調べている。放流厨は本当に思考回路が理解できないが、これでめでたく前科持ちの犯罪者となる。当然の報いである。 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nvmzaq.blog.fc2.com/tb.php/40-4dbe87f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad