楽しくないブログ

はてなのホットエントリーシステムは信仰心の熱い信者向けすぎるからクソ

はてなブックマークははてなの主流サービスの一つである。ネット上の数ある記事をブックマークすることで付箋代わりとなり、かつオンラインで記事を他人と共有できて拡散できる、といった仕組みである。しかし共有すると言っても何百万千万といるネットユーザの全ての記事を共有したところで何も広がらない。そこで多くのユーザが利用するのが「ホットエントリ」という制度である。

はてなブックマーク – 人気エントリー
http://b.hatena.ne.jp/hotentry

ようは人気記事をまとめたページなのだが、ここに掲載されると一気に人が流入するようになる。感覚的にはNAVERまとめの「注目まとめ」と似たようなもので、ユーザの多くがここから面白い記事を探すということだ。しかしはてなの場合、ホットエントリに入るハードルが非常に低い。具体的には10~20ほどブックマークをされるともう掲載される。NAVERは記事の内容を人の目で一応確認しているのに対し、はてなブックマークは数さえ積めば相当な糞記事でない限り掲載される。言い方を変えるなら、NAVERは検閲が入るのに対し、はてなは検閲や情報操作が無い傾向にある。
とは言ってもブックマーク20というのは一般人には実は厳しい。はてなは利用者が減少しているし、かろうじてホットエントリ入りしても爆散が約束されるというわけでもない。ただし、これは一般人の話である。例えばこれが超人気資産100億円ブロガー山本一郎氏となると話が違う。教祖様が発言すると信者たちは一生懸命ブックマークをして教祖様の発言を拡散しようとする。山本一郎には信者が大勢いるので、20ブックマークなんて5秒で達成する。するとホットエントリ入りし、さらに信者の手によってブックマークは数を重ね、さぞかし素晴らしい記事のように錯覚してしまうのだ。ホットエントリがクソなところはここである。「数」しか見ないので、有名人に優しすぎるのだ。
はてなは今年一月「ホットエントリ」のアルゴリズムを改修し、人気エントリへのハードルを下げた。すぐ入りすぐ流れるような仕組みになったことで教祖様がいつまでも人気エントリに居座る仕組みの軽減を狙った。しかし結果は「内容の無いエントリ」が数多くホットエントリ入りし、一方で固定ブロガーのホットエントリ入り頻度は減ることが無かった。「数」が駄目なら「勢い」を重視する政策に変えたのだが、勢いだけのクソエントリの氾濫となっている。一度埋もれたエントリが掘り起こされることは無くなったし、信者が数の暴力でブックマークすれば糞記事も良記事のように見えてしまう問題は解決できていない。はてなは本格的に迷走している。 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nvmzaq.blog.fc2.com/tb.php/37-115ece03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad