楽しくないブログ

デヴィ夫人が大津市いじめ事件についてネット上のデマ写真を掲載したことで損害賠償命令が下る

毒舌や破天荒な行動で知られるタレント、デヴィ夫人が大津市いじめ問題においてネット上で騒がれていた人物の写真と個人情報を掲載し、結果的にそれが別人であることが判明して裁判となっていた問題で、慰謝料を支払うよう命じる判決が出された。

デヴィ夫人に165万円賠償命令=ブログへの写真掲載-神戸地裁
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014021700638

 いじめを受けた大津市立中学2年の男子生徒=当時(13)=が自殺した問題をめぐり、タレントのデヴィ夫人(74)のブログに勝手に写真を掲載され、加害少年の母親と誤解されたとして、兵庫県宝塚市の50代のスタイリストの女性が同夫人を相手に1100万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が17日、神戸地裁であった。工藤涼二裁判長は「非常に軽率な行為」としてデヴィ夫人に165万円の支払いを命じた。
 工藤裁判長は、「記事は、原告が加害少年の母であると誤信させ、社会的評価を低下させるもの」と認定する一方で、「明確に原告を母と指摘するものとまでは言えず、ブログ上で訂正するなど誤解を解く努力をしている」と述べた。原告が求めていたブログでの謝罪文掲載は認めなかった。
 判決によると、デヴィ夫人は2012年7月、自身のブログに、いじめ自殺問題の加害少年の母親への批判とともに、少年とは無関係の女性の写真を掲載するなどした。


そもそものきっかけは、大津市にて壮絶ないじめに遭った結果自殺してしまった中学生が自殺した事件で、加害者側や保身に走る教育委員会に対してネット上で激しいバッシングが行われたことに由来する。2chの既婚女性板では特にその活動が過激となり、いじめ加害者の個人情報や顔写真を特定し各所に拡散させる運動が行われていた。ところがその掲載された写真のうち、加害者の母親として紹介された人物は実際は別人であった。ところが当時はそのような検証は行われておらず、当たり前にその写真の人物が本人だと拡散され続けてしまっており、それを見たデヴィ夫人がいじめ事件に対する怒りのあまり個人情報を拡散させてしまった、ということである。

デヴィ夫人訴えられた!大津いじめでブログに無関係女性写真
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/08/02/kiji/K20120802003816100.html

 滋賀県大津市で中学2年の男子生徒がいじめを苦に自殺したとされる問題にからみ、タレントのデヴィ夫人(72)が提訴されることが1日、分かった。夫人は自身のブログでこのいじめ問題に触れた際、無関係の女性の写真を掲載していた。写真を使われたことで女性は「名誉が傷付けられた」としており、代理人弁護士は「来週中にも裁判所に訴状を提出する」としている。

 訴えを起こすのは兵庫県在住の女性スタイリスト(50)。

 代理人によると、夫人は「大津市のいじめ自殺事件」と題した7月10日付のブログに「とんでもないのが母親」と実名を挙げた上で「自分の息子を人権侵害もはなはだしいリンチ同様な事を平気でする人間に育て上げるとは!」などと母親のことを痛烈に批判。その上で女性の写真を掲載していた。しかし、そこに写っていたのはいじめたとされる同級生の母親ではなく、無関係の女性スタイリストのものだった。


当時は炎上も加速していたこともあり、一度「これが母親だ」と指摘されたらとても疑う人物が出る雰囲気ではなかった。さらに、その写真はいじめ加害者の父親と顔を寄せ合い仲睦まじくしている姿の写真であり、普通に考えれば夫婦ではないかと考えるようなものである。とはいえ、芸能活動をしているという著名性から、ネット上の眉唾話を信じて軽率に拡散させてしまったことによる影響が大きいことが、デマを拡散させた責任を認められた最大の要因のようである。
今回のような無自覚のデマ拡大の責任問題は非常に難しい。人間は完璧な生物では無いので、必ず情報を発信しようとするとデマが生じる可能性がある。今回は「著名性」を理由にデマ拡散の責任を問われることとなったが、ではどこまでの著名性ならOKなのか、一般人だけど有名ブロガーはどうなのか、デマ情報のソース元の責任はどうなのか、考えればきりがない。
とはいえ今回の判決は非常に大きな意味を持っており「有名人がソース確認もせずデマを拡散させてはいけない」という方針が改めてはっきりしたと言える。これが次の段階に進むのであれば「大手ブログ」でのデマ拡散だろう。ハム速やはちま起稿、キニ速等の悪質デマブログが個人なのか企業なのかは微妙なラインだが、少なくとも企業経営のブログのデマ拡散は処罰されるべきである。小規模サイトがデマを拡散させて良い、という意味ではないが、少なくとも大手ブログにおける情報発信責任は、明確なものにすべきなのである。まとめアフィブログは「転載しているだけ。デマ発信者は2ch」という卑怯なスタンスのもと平気で捏造歪曲必要以上の誇張を繰り返している。今回のデヴィ夫人の件のように、裁判を通じてでも「デマを拡散させる」ことへの悪質性を見せしめなければならないのである。 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

はちま起稿とかいう糞ブログは他サイトからのリンクを貼るだけの超薄っぺらい内容なのになんであれがGoogleから嫌われないのかが謎だわ

  • 2014/02/18(火) 19:44:01 |
  • URL |
  • むさし #-
  • [ 編集 ]

そりゃはちまみたいな大手にアクセスできないと他の検索に乗り換えられるからだろ
Googleは正義の味方じゃないしな

  • 2014/02/18(火) 22:00:46 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

管理人さん、勘違いしてませんか?
これ民事事件ですよ。
処罰とは別の責任問題。

本来ならデヴィ・スカルノの行為は逮捕状が出てもおかしくない事案だけど、「貴賓の様な者」なので特別扱いでそういう事になっていない(TVで見ると忘れるが彼女は外交上の歴史的立役者。また彼女は日本籍ではない)。
民事事件なら個人運営の弱小ブログでも当然に責任問われます。
また日本の裁判所は、懲罰的損害賠償を認めておらず、実害の認定に比べて精神的損害の認定が極端に低いのでこういう額になったと思われます。
この原告が法人なら当然に額は大きくなっただろうし、個人でも名誉回復の為に実費の支出があれば額は大きくなったでしょう。

  • 2014/02/18(火) 23:01:44 |
  • URL |
  • #JalddpaA
  • [ 編集 ]

前から思ってたが、デマの出処に対しては意外と甘いんだな

  • 2014/02/19(水) 11:33:24 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

出処を特定するのが困難なの?最初にやった奴が一番悪いと思うけど。

  • 2014/02/21(金) 13:07:17 |
  • URL |
  • じぇい #-
  • [ 編集 ]

デヴィ夫人とか言うリアル鬼女もチキンレーサーだったんやな

  • 2014/03/21(金) 22:34:54 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nvmzaq.blog.fc2.com/tb.php/296-df80c073
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad