楽しくないブログ

サービスを終了したソーシャルゲーム「星宝転生ジュエルセイバー」がコンテンツの二次利用自由化を宣言する

今年の夏にサービスを終了した「星宝転生ジュエルセイバー」というゲームが、ゲーム内全てのコンテンツを公開し、一部は二次利用も許可することを宣言した。

終了したソシャゲ「星宝転生ジュエルセイバー」が「全コンテンツオープン化」宣言 二次利用も無償開放へ
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1312/27/news129.html

 2013年7月31日に終了した、ソーシャルゲーム「星宝転生ジュエルセイバー」が、公式サイトでちょっと面白いことを始めました。なんと、ゲーム内の全コンテンツ(キャラクターのイラストやセリフ、物語など)を公開し、さらに一部コンテンツについては二次利用も無償開放していくという「全コンテンツオープン化」を宣言しています。


元々GREEにて配信されていたこのゲームは、一年ほど運営が行われていたものの人気は奮わず、現在ではサービス終了となっている。しかし制作会社はこのゲームにおけるイラスト等の全てのコンテンツをサイト上に公開し、自由に二次創作活動に利用して良いと宣言したのである。利用範囲や規約に関しては来年公開予定だが、今のところ公開情報に大して利用範囲を制限するといったことは明言されていない。恐らくほとんどのコンテンツを自由に使って良いものになるだろう。
ソーシャルゲームは制作が通常のゲームよりは容易なことから、数多くのベンチャー企業が制作に携わっている。しかし、ヒットするのはごく一部である。その上他者との交流を売りにしているゲームが多いため、一極集中する傾向が強い。売れなかったゲームは次々と消えていくのだ。「星宝転生ジュエルセイバー」もその一つで、本来ならサービスも終了し、制作されたコンテンツは消えていく運命にあったのである。もはや企業としてはオープン化することは何のマイナスにもならないので、これでヒットすれば儲けモノだろう。こうして話題となっているだけで、このオープン化は早くも成功と言える。逆に言えば、こういう「オープン化」というものが話題になることが、ユーザからしても「同人」というものが基本無許可で行われているものであるという認識が広がっているという証拠であると言える。 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

同人ゴロ冷えてるか~?

  • 2014/01/01(水) 09:01:26 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nvmzaq.blog.fc2.com/tb.php/261-87f06172
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad