楽しくないブログ

グリマスはDeNAに差をつけられているGREEの起爆剤となるか

先日、GREEによるアイドルマスターのソーシャルゲーム通称「グリマス」が始まった。

「アイドルマスターミリオンライブ」がGREEでサービス開始。早速チェック
http://www.excite.co.jp/News/reviewapp/20130227/E1361942579374.html

少し前まではGREEの怒涛のTVCMラッシュなどでモバゲーはGREEに大きく水をあけられていたが、最近はモバゲーがGREEを追い越しているイメージが強い。

完全に差が出てきたDeNAとグリーの売上推移
http://blogos.com/article/50308/?axis=b:34365

DeNAが右肩上がりなのに対して、グリーは完全に右肩下がり。前回はコンプガチャの影響で1回ヘコんだと捉えても良いですが、DeNAが2Q連続増収に対して、グリーが2連続減収となれば、「何かが負けてる」と捉えるのが普通でしょう。


収益もGREEが低迷している一方でDeNAは増益している。野球のスポンサー効果なのか何なのかはわからないが、現実の数字としてこう出ている以上GREEもなんとかしたい気持ちで一心だろう。モバゲーにはキラータイトルである「アイドルマスターシンデレラガールズ」通称「モバマス」があったが、今回の「アイドルマスターミリオンガールズ」はその背を追う形となっている。詳しい話は興味無いが、どうやらより原作準拠なのが「グリマス」であり、「モバマス」はオリジナルキャラばかりのため派閥が分かれるそうだ。話だけ聞くと原作準拠のほうが有利な気がするので、近いうちにモバマスはグリマスに抜かされるのではないかという意見もある。グリマスはモバマス同様重課金勢優遇政策を取っている。さらにモバマスには無かったキャラごとの声優をつけ、CD1枚につきガチャチケットを付けたりして利益を狙うようだ。GREEのやり方と言えばその通りなのだが、パズドラ方式が流行している中で重課金方式を採用したのはなかなか勇気ある決断である。

今はソーシャルゲームと言えばパズドラの時代だが、あれがボロ儲けできている理由の一つとして少ない課金で大きな効果が得られる点である。当然金をかければかけるほど強くなるので重課金組に勝てるはずもないのだが、少ない課金で効果が得られるのであればとユーザーは広く浅く課金することが期待される。「無課金勢」をできるだけ減らすことがこれからのソーシャルゲームの肝となる。だがパズドラはオタクから非オタまで幅広く入れる一方で、モバマスはクソヲタしかやらない。そこを見越しての重課金政策なのかもしれない。 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nvmzaq.blog.fc2.com/tb.php/25-8d4cfcb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad