楽しくないブログ

西村博之と2chの密接な関係が国税局に暴かれる

2ch元管理人であるひろゆきが東京国税局から申告漏れを指摘された。それは広告費の一部であり、1億円という巨額の脱税であることが判明した。

2ちゃんねる:元管理人の西村氏、約1億円申告漏れ
http://mainichi.jp/select/news/20130824k0000e040185000c.html

 インターネット掲示板「2ちゃんねる」の創設者で元管理人の西村博之氏(36)が東京国税局の税務調査を受け、広告収入の一部とみられる約1億円について申告漏れを指摘されていたことが分かった。過少申告加算税を含む所得税の追徴税額は約3000万円で、既に修正申告し納付を済ませた模様だ。西村氏は著書などで「2ちゃんねるをシンガポールの会社に譲渡した」などと説明していたが、譲渡後も収益の一部を得るなど密接な関与が続いていたことが裏付けられた形だ。

 関係者によると、2ちゃんねるの広告収入は東京プラスなどを経由して、09〜12年の4年間に約3億5000万円がシンガポールの会社に送金された。このうち09〜11年の3年間に計1億数千万円が西村氏へ報酬として支払われ、所得として申告された。


ひろゆきが2chの蜜月関係であり、広告費を受け取っていたことは容易に予想できていたが、今回は去年の麻薬特例法違反幇助容疑での捜査で国税局が目をつけたということらしい。海外を経由して脱税をするのは典型的脱税手法の一つであり、ひろゆきは海外も含め複数のダミー会社を経由して簡単に経路がばれないようにしていた。ひろゆきはあくまで会社の利益であり個人の収入ではないと主張していたが、活動実態の無い会社であると判断されて摘発されたということである。
ひろゆきが2ch運営と未だに密接な関係であることを臭わせる事件は数え切れないほど起きている。最近では2ch現運営陣が秘密裏にやり取りをしていた際、決定にはひろゆきの許可が必要であるかのような発言をしているログが発見されたりもしている。

2ch運営陣が秘密裏にやり取りを交わしていたBBSのログが何者かの手により晒される - 楽しくないブログ
http://nvmzaq.blog.fc2.com/blog-entry-140.html


今回は運営権だけなく、実際にお金を貰っていることが判明してしまった。ひろゆきが追徴課税を納めているので、そのことを事実上認めたも同然だろう。それでも各2ch絡みのトラブルが発生したときに「私は無関係」で逃れるのが西村博之という人間だが、いよいよその言い訳も限界が近づいてきている。 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nvmzaq.blog.fc2.com/tb.php/173-b2cc78ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad