楽しくないブログ

俺の邪悪なメモ記事削除騒動に見る企業が怖がる炎上

俺の邪悪なメモ 跡地
http://d.hatena.ne.jp/tsumiyama/

はてなダイアリーで人気ブロガーとして活動していた「俺の邪悪なメモ」の管理人が作家デビューをすることになったそうだ。それを機に、今までの記事を全て消したらしい。

で、これを機に、ブロガー罪山としての活動はオシマイにして、「葉真中顕/はまなかあき」名義での作品づくりに専心しよう思います。今、新人作家の生き残りはきわめて難しいといわれてますが、精一杯がんばってみるつもりです。


はてな村は、私にとって薬であり毒でした。

半分匿名の個人ブログの気楽さで、自由に楽しくイイ感じのエントリを書けたこともあれば、調子に乗って不見識をばらまいてしまったこともあったかと思います。

それでも、たくさんの方に読んでいただけたことで、自分の表現が多少なりとも人に伝わる、そう期待してもいい、と思えるようになりました。

ブログを書くことで善きにつけ悪しきにつけ、自分の分を知ることができたような気がします。


「俺の邪悪なメモ」を読んでくれたみなさん、本当にありがとうございました。


はてなダイアリー自体が完全に死んだ存在となっている今、数少ない名の知れたはてなブロガーだったのだがこれでさらにはてなにダメージを与えることは確かだろう。しかし考えてみたいのはそこではなく、何故記事を全て削除してしまったのかという点である。普通に考えてみれば、作家として活動していくことと人気ブロガーとして活動していくことは両立は可能であるし、むしろ集客力のあるブログを武器に著書の宣伝もできる。むしろ作家でありブログも面白いというのは他の作家には無い強みになるはずだ。近年は芸能人のTwitterも活発に行われているが、あれは芸能人がやりたいからではなくファンと触れ合うことで信者を作り出せるからである。ブログにも似た効果があるはずである。

では何故過去の記事を全て削除してしまったのか。それは、出版社側の命令があったからであろう。ブログというのはソースも無しに自由気ままに嘘を書くことができる。このブログだってきっと嘘がいくつもまぎれていることだろう。今までは有名ブロガーとは言えどやはりネットと現実の壁は厚く、嘘を書いたからどうだと言われるほどのことではなかった。しかしこれからは作家「葉真中顕」として活動をするのである。これは今までとはわけが違う。「現実」で活動をする以上、過去の記事から炎上しうる要素があってはいけないのである。この「俺の邪悪なメモ」はいくら集客力があったといっても、まとめブログとは異なり個人の日記レベルを逸脱はしていない。ソースの必要が無いブログであった。だからこそ嘘が生まれて炎上する可能性があるのだ。作家が炎上するということは会社にとって大きなリスクとなる。だから過去ログを消すことを命じたのである。
とはいっても会社側としても苦渋の決断だっただろう。先ほども言ったようにこのブログは、作家デビューするにあたり始めから武器を持っているに等しい存在だったのだ。それを捨て他者と同じスタートラインに立たせるのはもったいない気もする。 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nvmzaq.blog.fc2.com/tb.php/15-a237c5f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad