楽しくないブログ

ニコニコ動画のプレミアム会員数が200万人突破

ドワンゴはニコニコ動画のプレミアム会員数が200万人を突破したことを発表した。

ニコニコ動画のプレミアム会員数が200万人を突破! 豪華プレゼント大感謝祭も
http://news.mynavi.jp/news/2013/06/22/079/

ドワンゴは、同社が運営する動画サービス「niconico」において、6月22日に有料会員であるプレミアム会員数が200万人を突破したことを発表した。

その後niconicoは、「ニコニコ動画」をはじめ、生放送配信サービス「ニコニコ生放送」、企業や団体が動画・生放送・記事コンテンツなどを配信できる「ニコニコチャンネル」、イラスト投稿・電子書籍サービス「ニコニコ静画」など、ユーザーニーズに応じたさまざまなサービスを展開し、無料登録会員数とともに、プレミアム会員数を順調に伸ばしてきた。

ドワンゴの発表によると、現時点での会員数はプレミアム会員数が200万187人(6月22日18:00時点)、登録会員数は3,415万人(6月21日付)。なお、ニコニコ動画のトップページは現在「ありがとう200万人突破! ありがとうプレミアム会員数」と祭状態に突入し、今後大感謝祭などの開催も予定しているという。


ニコニコ動画のプレミアム登録数が増加し始めたのはニコニコ生放送が流行しだしてからである。ニコ生にはプレミアム枠というものが存在し、事実上プレミアム会員でないとまともに見ることができない放送も存在する。ニコ生は基本的に教祖が信者に教えを振りまくだけのためのツールなので、信者は教祖にお布施をする感覚でプレミアム登録をするユーザが後を絶たない。魅力的なサービスを増やすより信者を増やしたほうが儲かるという事実に素早く乗った結果、これほどのプレミアム会員を取得することに成功した。月500円という低価格からも、小中学生が親に頼みやすい状況を作り上げている。ニコニコ動画に生息するユーザは小学生ばかりなので、4桁は厳しいという判断もあったのかもしれない。200万人が月500円支払うということは、10億円の収入があるということである。これに広告収入を加えると、十分黒字が出せる金額だ。確実に公序良俗に反するサイトでありながら何故かグーグルアドセンスが剥がされないのも疑問であるが、プレミアムアドセンスを各アフィまとめサイトに配りまくっているのを見る限り、グーグルが公平な審査をしていないのは十分推し量ることができる。 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nvmzaq.blog.fc2.com/tb.php/118-5969f26a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad